初めて税理士をお探しの方へ

税理士を東京で探すなら、きめ細かな顧問税理士サービスの高橋彰税理士事務所

  • 高橋彰税理士事務所
  • 株式会社ATビジネスブレイン
初めて税理士をお探しの方へ
初めて税理士をお探しの方へ

初めて税理士をお探しの方へ

税理士の使い方で会社は強くなれる

会社を設立したときや事業が本格稼働し始めたときなど、誰しも税理士事務所との契約を考え始めます。
ビジネスには、売上を拡大して利益を獲得する営業活動以外に、経理や決算、申告といった事務がどうしても必要であり、大変な作業であることがイメージできるからでしょう。


決算や申告には、取引資料を保存・整理しながら、経理や給与計算を行い、会計データなどから納税予測や資金繰りを管理しながら、年度の集大成として決算を完成させ、期日までに申告書を作成し納税を済ませるといった、息の長い作業が必要になってきます。

しかも、出来上がった決算書や申告書は、銀行融資の際や税務調査や建設業許可などの各種申請の時にさかのぼって活用されるため、経理の段階や、事業計画を考えるときなどに、会計や税務を熟知した専門的判断がとても大切になってきます。


その影響を考えてみただけでも、決算や申告作業が単純な集計作業ではないことが容易に想像できると思います。

財務調査は、事業を営む上で避けて通れないものです。

事業がうまく回転している企業では、必ずと言っていいほど顧問の税理士事務所と親密な関係が出来上がっていると言われます。
それは、税理士事務所の業務がそもそも顧問先様の取引情報の詳細を把握していく作業であるため、いわば企業の“内情”を知り得る唯一の第3者でもあるからです。


顧問先の経営をもサポートすることのできる能力と経験を備えた税理士事務所にめぐり合えて、経営者の“相談役”として信頼を頂く親密な関係ができれば、企業にとって、税理士事務所ほど頼りになる存在はないはずです。


税理士の使い方で会社は強く出来ます。
だからこそ、顧問税理士選びはビジネスにとって、とても重要なことだと言えるのです。

会計や決算を申告だけのものにしてはいけない

上場していない企業が、決算書を外部に報告することはほとんどあり得ません。
上場企業のように、決算を公開して、それがもたらす株価の変動が会社の存続を揺るがすわけでもなく、取引先にも原則として開示するわけでもありません。


非上場の会社にとっては、決算書の提出先が税務署などの官公庁と融資の際の銀行に限られるため、税務調査や許認可、銀行融資こそが決算申告に対する最大のけん制役になっていると言えます。
誰しも、税務調査が怖いから、許認可が通るよう、銀行融資が可能になるよう、そんな意識が働くので、手間や時間をかけて正しい決算を行っている現実は否定できないはずです。


しかし、会計や決算というものは、そもそも自社の事業の状況把握や経営判断にあることも忘れてはいけないはずです。
日々の経理で出来上がった会計データは自社の経営判断のためにあるのであって、決して申告や融資が目的のものではありません。

経営に活かす会計サービスへ

現代のように厳しい経済環境の中で、お金の入りと出だけの“ドンブリ勘定”で経営が成り立つはずもなく、経理により出来上がった会計データで経営の状況を把握し、打つべき戦略を立てていかなくでは、どんなビジネスも持続できません。


私どもは、こうした意識の先導も税理士事務所のサービス領域と考えています。
会計資料を経営に活かしてこそビジネスそのものがうまくいくことを繰り返しお伝えしながら、データの分析や活用方法など具体的サポートを積極的に行っていきます。

成長していく企業では「税理士報酬はコスト」とは考えていません

税理士事務所が行う実際の業務は、事務所によって様々に違っています。


中にはただ料金の安さだけを強調して、データチェックと申告書作成を機械的処理で対応するだけの事務所もあるくらいです。
このような対応は表面上の料金設定だけが差別化できる程度で、業務内容はどこが行っても同じレベルでしょうから、そもそもその税理士事務所に留まる理由もないくらいです。
このような事務所に対しては、企業側は単なる“代書屋”としての認識しか持たないのが現状でしょう。


経営者が会計や決算を申告のためにだけ“仕方なく行う”ものと考え、それに呼応するように税理士事務所側も機械的処理に終始する、このような関係なら税理士報酬はできるだけ、削減すべきコストのひとつでしかなくなってしまいます。


税理士の使い方で会社は強くなれるのであり、これから成長を真剣に考える企業にとっては、このような関係はお勧めできません。


私どもは顧問先の企業ごとにオンリーワンのサービスを目指しています。

機械的処理で対応することのない、きめ細やかな関係を目指し、経理や会計、税務申告といった判断のベース作りを大切に行いながら、そこから派生する経営支援を積極的にサポートしていく特徴があります。


成長していく企業は顧問の税理士事務所と綿密な関係が築かれて、経営に貢献できる付加価値サービスが提供されています。
互いの好循環の関係が生まれてきます。


成長していく企業にとって、「税理士報酬はコスト」とは、もはや考えてないのです。

財務調査は、事業を営む上で避けて通れないものです。
詳しいお問い合わせはこちら お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。0120-459-840

ページの先頭へ戻る