経営サポート業務

税理士を東京で探すなら、きめ細かな顧問税理士サービスの高橋彰税理士事務所

  • 高橋彰税理士事務所
  • 株式会社ATビジネスブレイン
経営サポート業務
経営サポート業務

経営サポート業務

経営サポートとは

精度のある会計データから、今ある事業の状態がよく分かります。
長年、様々な会計データを作り上げる仕事に携わっていると、決算書を見ただけで、この会社がお金をどう使っているかが判断できるのです。


お金の有効な使い方、つまり資金繰りを管理することは、経営の根幹だと断言できます。
どんなに利益を伸ばしても、資金繰りに苦しい会社があります。
それは、売掛金の回収サイトが長いとか、回収自体がほぼ無理な、貸倒れに準ずるような事態が発生したなど、取引上の問題が原因な場合もあります。

しかし、同族の会社でよく有りがちなのは、社長が、役員給与や立替経費の精算以外に、プライベートで資金を継続的に引き出しているケースです。
会社がどんなに稼いでも、社長が銀行口座から自由にお金を引き落としていけば、会社の資金がなくなっていくのは当然です。


決算書では、そうした状態が、利益と資金のバランスが取れていない形で、主要科目に表れてきます。
例えば、役員への「貸付金」といった科目に表れますし、利益につり合っていない過大な「役員給与」などといった形でも表れてきます。

経営サポートとは

私たちが行う「経営サポート」は、こうした状態を未然に防ぐために、会計データを元にした財務状況を定期的にご報告することから始めています。
資金の流れがどのようになっていて、お金がどの程度有効活用されているかを繰り返しご説明いたします。


そして、今後の事業展開の中で、いつの時期にいくら資金が必要なのか事業計画を練りながら、資金獲得のための具体的方策をご一緒に考えていきます。
このような資金繰り管理の支援サービスが、私たちの「経営サポート」サービスのベースとなります。

拡大ステップを加速させる方策

事業を拡大させるためには資金が必要です。
特に拡大ステップ時には、拡大する売上の入金前に支払うべき出金が急激に増えます。


このような時期に備えて、まずは、会社の儲けを可能な限り社内に溜める努力を行い、“自己資本”の充実を図ります。
場合によっては、役員給与の一部を原資にして、増資を図る方策も有効となってきます。

拡大ステップを加速させる方策

このような方策を繰り返しますと財務状況が格段に上がります。
そして、拡大ステップ時には、それを元に本当に必要な銀行融資が可能になってきます。


銀行借入を起爆剤にして事業のステップアップを加速するためには、このような戦略的な資金繰り管理を私たちとご一緒に行っていくことが大切だと考えています。

合併、分割、事業譲渡、事業承継等の戦略

事業が拡大ステップに入ってくると、事業所や店舗を増やしたり、他社を回収して合併したり、もしくは自社の事業を分割したりする戦略も出てくるはずです。


さらに、事業自体を他社に譲渡するケースや、経営を次に円滑にバトンタッチするための事業承継の問題も出てくることがあります。

このような戦略は、例外なく会計や税務と密接にかかわっており、それを専門とする税理士との周到な検討なしには成功しないものばかりです。


会社税務を専門とする私たちだからこそ、このような事態にも豊富な経験と最新の専門知識、それを支える強力なネットワークを有しております。
開業から事業承継まで会社組織のライフサイクルに合わせた、長期にわたるお付き合いが、私たちには可能です。

財務調査は、事業を営む上で避けて通れないものです。
詳しいお問い合わせはこちら お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。0120-459-840

ページの先頭へ戻る