税務申告書の作成

税理士を東京で探すなら、きめ細かな顧問税理士サービスの高橋彰税理士事務所

  • 高橋彰税理士事務所
  • 株式会社ATビジネスブレイン
税務申告書の作成
税務申告書の作成

税務申告書の作成

法人税申告書だけでも40P以上のボリューム

会社が作成しなくてはならない税務申告書には様々なものがあります。
そのうち、代表的な申告書には次のようなものが挙げられます。

会計・税務をベースとした経営支援サービス

これらは相互に関連しあう計算内容となっていて、その中でも中心的存在が法人税申告です。 法人税申告書は、別表一から十七あたりまでの申告計算の部分と、決算報告書、科目明細書、事業概況書から成ります。 開業間もない会社でも20ページ以上で、通常は30~50ページ位になるほど、そのボリューム感だけでも想像以上のものだと思います。


その種類も、決算月から2カ月以内に提出する確定申告の他、半期に一度の中間申告もあります。 また、一度提出した申告を修正する必要が場合で、追加の納税などが発生するケースは修正申告という形をとり、一度おさめた税金を還付させるケースは更正の請求という手続きを行います。


このように、提出書類のボリュームや種類、手続きなど、どれをとっても、高度の専門性を有するのが会社の申告なのです。

節税などの税金対策

税金を払っても、会社の経費にはなりません。 いくら払っても決算における利益を下げないわけですから、納税の負担が大きくなればなるほど、利益と会社のお金は大きく食い違ってきます。


「決算上の利益がかなり出ても、会社のお金があまり残っていない。」 そんな状況を今一度分析してみましょう。 すると、たいがいは納税で消えてしまっているという結論にたどり着くはずです。 こうした現状では、“節税”を検討しないことは会社の成長や存続自体につながると言っても大げさではないと思います。


もちろん、法の認める範囲内でこの“節税”を考えるわけですが、税法も法律である以上、一つの事実に対して複数の処理、選択肢が考えられるケースが少なくありませんし、それを事前に想定した上で、取引などを決定することにより税負担を極力回避する方策は大切になってきます。


法の範囲で最善の選択肢を実施していくことが“節税”であり、キャッシュを残すための方策の一環として、私たちはこの税金対策を積極的に検討していきます。

詳しいお問い合わせはこちら お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。0120-459-840

ページの先頭へ戻る