税務調査にワンランク上のサポート

税理士を東京で探すなら、きめ細かな顧問税理士サービスの高橋彰税理士事務所

  • 高橋彰税理士事務所
  • 株式会社ATビジネスブレイン
税務調査にワンランク上のサポート - ATBアソシエイツの5つの強み
税務調査にワンランク上のサポート
税務調査対策にワンランク上のサポートをご提供します
資金調達に豊富な支援実績があります
中国、アジアへの海外取引を支援します
成長に向けての会社組織の強化を支援します
許認可や労務、法務全般にもワンストップ対応致します

税務調査対策にワンランク上のサポートをご提供します。

税務調査で指摘される、一番多い事例

「うちの会社は脱税など一切していないから安心だよ。」
そう思われている会社でも、税務調査においては多額の誤りを指摘されるケースが、決して少なくありません。


例えば、今期に計上した「外注費」が、実は来期の経費として否認されるケースが代表的な例です。


外注先の納品が完了し、今期に請求書も出ているにもかかわらず、それに対応する売上が今期にはまだないものは、仕入における期末在庫のように、来期以降の売上に対応する期に経費に計上すると、税法には規定されています。


支払った支出や、納品完了の費用が必ずしもその期の経費にならないわけですから、会社にとっては、まさに“寝耳に水”の事柄でありますが、税務調査ではこのような指摘こそが圧倒的に多いのです。

修正の代表的なパターン

税務調査による資金繰りの悪化

経費を支払ったのにそれが否認される。
税法を知りえない方には“寝耳に水” の判断が下されるのが税務調査です。


そして、1,000万円の否認があると、本税だけで約400万円の追徴税額が来るわけですから、理由はどうあれ、会社の資金繰りは大きく狂ってしまうのが通例です。
さらに、多額の加算税や延滞税が加われば、いつまで経っても返しきれない滞納状況も決して珍しくはありません。
半永久的に続く滞納の大変さは想像以上のものです。
滞納状態では通常、銀行借入も難しくなるので、悪循環が会社を苦しめることになります。

滞納の悪循環

国税出身税理士だから分かる、税務調査のポイントがあります

税務調査には必ずチェックされるポイントというものがあります。
私どもはこうした会社ごとの、業種特有の税務ポイントを理解しており、日頃からそれを押さえた指導や対策に力を入れて行っています。


また、税務調査の際には、20年以上の東京国税局勤務を持つ弊社の代表税理士が担当いたします。
税務調査では、顧問税理士として立ち会う税理士の説得力、優位な展開力が何よりも大切になってきますので、この点も御社も守る大きな力となるはずです。


私どもの事務所は、税務調査に強い税理士事務所だという、自負があります。
顧問先の税務調査では、当初申告で問題がなかった「申告是認」率が実に95%以上という結果が、それを裏付けています。

代表税理士の詳しい経歴はこちら >>
税務調査対策にワンランク上のサポートをご提供します
資金調達に豊富な支援実績があります
中国、アジアへの海外取引を支援します
成長に向けての会社組織の強化を支援します
許認可や労務、法務全般にもワンストップ対応致します
詳しいお問い合わせはこちら お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。0120-459-840

ページの先頭へ戻る